その時その時に綴る日記

綴りたいことを綴る日記

BUMP OF CHICKENのライブに行ってきたハナシ2

今回のライブは初アリーナに当選したので、当然ブロック指定…!

Iブロックだったからきっと埋もれて見れない時とかあるやろうと思っていたけど、そんなことよりもブロックでアリーナで観れるということにワクワクしてました。

前回もずっとスタンド指定だったからね。

城ホールのアリーナの人たちが集まるところで待機中は、寒くて寒くて凍えてた…。

順番に整理番号が呼ばれていって、私と友人の整理番号が呼ばれると、少し小走りで会場の中へ。

中に入った一発目の感想は

「人すげえな…」

です。

ひとがヤバかった…。もうすでに自分たちが指定されたブロックの中も、ステージ側と前は埋まっていて、とりあえず通路側の2列目に並んだけど、…これは姿が見れないかも知れない。という不安が。

身長が165cmある私でも前が見えるかどうか際どくて、一緒に行った友人は私よりも身長が低いため「どうしよう、見えへん…」と言いながらなんとか人の隙間から見える位置を探してました…(笑)

 

opening

アナウンスが流れて、しばらくしてから会場が暗くなった。会場全体がブワァァと盛り上がり、openingの音楽に合わせて手拍子👏

BUMPのライブの時に一番はじめに流れるこのopening曲、どれも素敵なんよね…。

多分やけど、袖からヒデちゃん、ヒロ、チャマ、藤くんの順に出てきて楽器の準備からの演奏。神々しかったです…。

会場のボルテージが一気に上がりました。

Go

1曲目はなんとこの曲。BFLYツアーでは後半1曲目で演奏してくれた曲でした。PIXMOBが青色に点滅して、むちゃくちゃ綺麗でした。アリーナから見るスタンドの景色も良いもんだなぁ。

それから、後ろの映像が素晴らしい。音と相まって興奮度を高めてくれました…!

天体観測

2曲目ですよ、これ。毎度毎度LIVEの終盤か、アンコール(BFLYではアンコールだった)で演奏してくれる曲を、2曲目に持ってくるのかとびっくり仰天😳

そして銀テが飛び散りました(笑)最初から飛ばすのかとこれまた驚き。銀テもコンフェもどっちも取れませんでしたが、とにかく凄かった。「Oh Yhe Hey Ah」も全曲で歌う。

ray

また、「ここで?!」ってなるような曲。 手をブンブン振って楽しかった

宇宙飛行士への手紙

キターーーーーー!!!!これ!この曲!!マジかよ聞きたかったぜありがとうーーー!ってなった。「トリケラトプスに触りたい」の藤くんのツノジェスチャー最高に可愛かった。

Ever lasting lie 

これも驚いた。間奏部分のバンド演奏がとんでもなくかっこよかった…。釘付けでした😳

記念撮影

これも、マジでやばかったかっこよかった。後ろのモニターに映される映像がまた綺麗で…。

pinkie

 pinkieーーーーー!!キタコレ!この曲するんやマジでするんやスゲェ!ってなった曲。キラキラしてて綺麗でした。

花の名

藤くんがね、腕振りを煽ってくれた。スタンドの方を見たらPIXMOBの光が幻想的で、泣きそうになった。

涙のふるさと

出島での演奏。これ、キーを2個下げての演奏でした。驚いた。

You were here 

これも出島での演奏。チャマが座って演奏してて、最後の藤くんが弾くアウトロのギターを、ヒロがとめるという行為をしたあと、藤くんがヒロの頭をグシャグシャっと撫でて…!!私、悶絶しました…。

アンサー

ここからはまたメインステージでの演奏。ハーモニーに泣かせられた。

分別奮闘記

これするんや!ってなった曲。イントロ聞いた瞬間「うわっ」って言ってしまったし、隣の男性も「マジか」って言ってるのが聞こえた。楽しかった。

宝石になった日

「Ah〜」の部分、一緒に歌った。最高。

虹を待つ人

「色々と溜め込んでるものをここで吐き出そうぜ」って藤くんが言ってくれて、ここでマジ泣き。この時期しんどかったもんなぁ。遠慮なく「ウォーウォー」歌いました。

fire sign

これ。かなり好きな曲に入る。会場全体がオレンジ色に光ってて、腕を振って、一緒に歌って、また泣いた(笑)「ラララ」部分、いっぱい煽ってくれた。

リボン

これ、最初abema TVで見たとき、絶対生で聴きたいって思ってて、この日の本編最後に演奏してくれて。泣いたよね。「嵐の中をここまできたんだ」でもう涙ボロボロでした(笑)

アンコール ハルジオン

うわぁ、アンコールでこの曲かと。あとアンコール前のチャマの撮影楽しかった。

アンコール ガラスのブルース

これでまた泣いたよね←大サビ部分でもう号泣。会場全体に声が響いて、「終わっちゃう」とか「また来たい」とか「楽しかった」とかいろんな感情が混ざって泣いた。