その時その時に綴る日記

綴りたいことを綴る日記

緑黄色社会のライブに行ってきた!!

先日12/8(土)、緑黄色社会のライブに行ってきました。

緑黄色社会ライブツアー「溢れた音の行方」

場所は大阪BIGCAT

緑黄色社会は、私が高校2年生の頃、緑黄色社会が準グランプリを取った、10代限定ロックフェスである閃光ライオットで知った。

閃光ライオットで披露をした「マイルストーンの種」で、聴き惚れってやつ。

晴子ちゃんの声と、バンドサウンドが、ドンピシャに私の心を突き抜けて、一生推していこうと思えたバンドが、緑黄色社会

ずっと応援してて、でも予定が合わずライブには行けなくて、でもライブには行きたくて行きたくてたまらなかったのだが、ついにその時が来たのである(歓喜

9月の下旬ごろにリョクシャカのライブのチケット先行販売されたのを知って、秒で応募。そして無事、チケットも取れた!!あとはライブに行くだけ!!

CDも揃えてるし、今回のミニアルバムも買って、ずっとリピート。

ちなみに私的には《リトルシンガー》と《サボテン》が好き。

グッズ購入

ライブ当日の朝は、教習所に行って技能を受けて、そのあとBIGCATのある心斎橋に行きました。

グッズ販売は14:30〜なので、心斎橋着いて昼食べて、グッズ販売に向かいました。

 

結構並んでた。

 

並んでたわ。

売り切れたらどうしようとか思っていたけど無事グッズは購入。

Tシャツとタオル、ラババンを買った。

5000円以上でショッパー貰えるらしい。私は5000円超えてたから貰えた。

ショッパー普通に可愛い。

ラババンかなりお気に入り。

外が寒い

普通に寒かったわ。

私的冬ライブ参戦服というものは、黒スキニーにショート丈の黒モッズコート羽織って中はライブTシャツで、スヌードをかぶり白のスニーカーを履く、と言った感じ。

結構寒いんよね、その服装。風通るから。

スタバ入って、ホットのゆずシトラスティー買って、地下のベンチに座って時間を過ごした。

大阪BIGCAT って、大阪バッグステップっていうショッピングモール的なところの4階にあるのだが、その地下で風をしのいだ。

いよいよ開場

丁寧に、各階の階段ごとに整理番号の書かれた看板が出されていて、(「1〜100番」とか)私は285番だったので、その番号の書かれた場所で待機。

男性のファンが意外に多くてビックリした。

結構私と同年代っぽい人が多くて、過ごしやすかったな。

ガチガチファンのおじさんもいたけど。

 

17:00の開場と同時に整理番号順に10桁ずつ呼ばれて、会場内に入っていく。

入る前にドリンク代として600円をチケットと一緒に渡した。

ドリンクがいいのなかったな……。

とりあえず、ドリンク券で水を引き換えて、会場内に。

f:id:IwrMzt:20181211000652j:image

スゲー

緑黄色社会」って書いてる布(なんて言ったらいいのかわからん)が正面にかけてある。

結構前の方は埋まってるけど、まぁまぁ見やすい。

前にいるカップルがうざいけど。

ウザかったなぁ、カップル。

アホみたいに目の前でイチャイチャするから、こっちの気持ちもだんだん憂鬱になってきて、舌打ちしてしまったごめん。

まだまだ開演まで30分以上あるので、WALKMANで曲聴きながらツイッター

どんなセトリなのか、雰囲気は?とか、気になって気になってワクワクが止まらなかった。

1.Alice

1曲目!!!オープニングの音楽が、Aliceのイントロ感が出ていて、「お?」「おぉ?」と思ってるうちに、上下から分かれてメンバー登場。

キラキラしてた。ほんとに。

会場のみんなで「アリスー!」っていうのが楽しかった。

晴子ちゃんと目があった気がする()

2.恋

泣いた。なぜか泣いた。

一息つく間もなく始まったイントロに感動。

みんなで手拍子、メンバーみんな楽しそう。

3.Bitter

サビで、親指と小指を立てる形をした手を振るのだけど、それが楽しい。一緒に手を振る晴子ちゃんかわいい。

トゥールットゥトゥールッのとこね。

4.視線

一気に落ち着いた曲。この曲の前に一瞬晴子ちゃんのMCが入った。「私はいろんな感情を込めて歌うから、みんなそれぞれの気持ちで聞いてねって言葉は、スッと私の胸に入ってきた。

あと、この曲は「私の自然な気持ちを書いた」とも言ってたなぁ。

5.またね

またね!!!キタ!!切ない女の子の歌。

あと、ちょっとしたギターのハプニングが可愛かったな。

晴子ちゃんのファルセットが私は大好きで、歌い出しの

私 あなたの前では ずっと笑って

のところがお気に入り。

6.ひとりごと

これ新曲らしい。

新曲披露は嬉しかったなぁ。結構バラード系の歌。

7.サボテン

この曲も可愛らしい歌で、この歌詞の歌の一部が、今回のミニアルバムのタイトルになっている。サボテンの緑色のスポットライトが当たるメンバーは輝いていた。

ただ ただ 私は 私なりに育てました

ただ ただ 私は 私なりに愛を注いだの

の部分が好き。

8.regret

バラード系が続く。

この曲は結構好きな曲に入る。ゆったりした曲なのに、歌詞は鋭くて、考えさせられる。

9.Re

peppeちゃんのキーボードのイントロが素敵

この曲も素直な歌詞が書からていると思う。リョクシャカの、今改めての想いが詰まっている気がする。

10.大人ごっこ

MC明けの1曲。

照明と相まってとてもメンバーがキラキラしていた。

11.君が望む世界

ラララーを一緒に歌った。

どの曲もそうだけど、ベースラインが結構楽しいものが多い。

実際見て、真吾くんのベースを弾く姿はかなり楽しそうで、見ててこっちまで楽しくなる。

12.Never Come Back

この曲だけなんかいい意味で異色。

ライブ会場がダンスフロアに変わった感じがした。

イッセーくんの歌声が素敵。

13.アウトサイダー

キター!聴きたかった曲!

いっせーくんのギター弾く姿がかっこよかった。

ここから一気にアップテンポになっていく。

14.リトルシンガー

聴けた!!!!すごい好きな曲!!!

みんながリトルシンガーだよっていう歌詞が心に刺さる。

真ん中で歌う晴子ちゃんがとてもかっこよかった。

15.真夜中ドライブ

これもまたメンバーが楽しそうで、手拍子しててすごい気持ちが高ぶった。

ニコニコしながら歌う晴子ちゃんが印象的。

16.あのころ見た光

peppeちゃんがつくった曲。

やっぱり曲がキラキラしてるんだよなぁ。サビのポップなキラキラ感は素晴らしい。

ラーララーラーラーの部分を一緒に歌った。

アンコール1.want

これかぁって感じ。

かわいい曲。ってイメージ。

サビの歌詞がもう可愛くて可愛くて仕方がない。

アイスクリームが食べたい

ふさふさのパンダにのりたい

ずっと深く眠っていたい

流行りのお店に行きたい

耳触りの良い声が聞きたい

そっとぎゅっと手を繋ぎたい

ホラ、可愛い。ほんまに可愛い。

あなたに会いたい

あなたに会いたい

このサビの歌詞もかわいすぎ。

アンコール2.始まりの歌

最後に、始まりの歌!!!!!

エモい、エモすぎる……。

一番好きと言っても良い曲。サビの歌詞がもうたまりません。

ララルラの部分を一緒に歌った。

あと、いっせーくんの掛け合いの部分ね。あれはたまりませんな。

楽しすぎたライブ

f:id:IwrMzt:20181211010620j:image

楽しすぎだよ、リョクシャカーーー!!!

やべえよ、余韻がまだまだ残ってるよ……。会場出るの惜しかったもん。

演奏完璧なのにMCが下手くそなのも愛嬌。ぽろっと出る名古屋弁も可愛い。

MCのグタグタ感も若手って感じで可愛い。

みんなに知られて欲しいけど、大きくなったらさみしくなる、変な親心がある。

またライブ行きたい。

絶対行くよ。楽しすぎたもん。これはまた絶対行く。ずっと応援するよ。

f:id:IwrMzt:20181211010638j:image

きらきらし(煌煌し)という古語がある。

( 形シク )〔古く「きらぎらし」とも〕

① 光り輝いている。きらめいている。 「茎はいと赤く-・しく見えたるこそ/枕草子 40」
② 輝くばかりに美しい。華やかに美しい。 「腰細のすがる娘子おとめのその姿かおの-・しきに花の如ごと笑みて立てれば/万葉集 1738」
③ 威容がある。 「 - ・しきもの、大将の御さき追ひたる/枕草子 259」
④ 目立っている。きわだっている。 「元来心弱くつたなくして-・しき罪をも之作らず/発心 7」

私は特に①と②の意味が、リョクシャカの作る音楽を形容するのに適切な言葉だと思ってる。

ライブを見ていて思ったのは、リョクシャカの音楽は色が付いていてカラフルだということ。

キラキラと煌めいていて、鮮やかな曲が多い。それは歌詞もメロディーも全部。

これからも煌煌しい(きらきらしい)曲を作り続けて欲しい。